COMPANY会社情報

代表挨拶

大松グループ代表 大松 哲鎬

大松グループ代表
大松 哲鎬

 平成元年に会社を受継ぎ今年で29周年を迎えます。小さなパチンコ店1店舗からスタートし、現在は4店舗を展開しています。平成24年より『10年以内に10人の社長を創る』というビジョンを掲げ、アミューズメント業とは別の分野で新会社を設立し、さらなる事業拡大を目指して挑戦を続けております。

 長年に渡り経営者として考え、感じたことは「人との出会いによって成長」し、「社員の幸せを実現」させることが自分の使命だということです。

 同じ世界でトップを走り続けている方、別の事業で成功を収めている方、年は若いが超一流の経営者の方、様々な方々と一緒に仕事をさせて頂くことでビジネスチャンスがどんどん広がり、次々と新規事業を展開し、20代の社長も輩出しました。

 自分がチャンスを作り出す事で社員の生活が変わり、可能性が広がり、関わる人達すべての幸せが実現されていく。これこそが自分の使命であり、社員の喜びが自分の喜びであると、今は自信を持って言えるようになりました。

 様々な産業が加速度的に変化していく時代に突入し、顧客の趣味趣向も大きく変化するようになりました。この変化に対応していくことが私たちの本業と考え、問題解決していくことが社員の、お客様の、私自身の物心両面の満足につながると考えます。社内、社外問わず様々なセクション、専門家と協力しながら今後も継続的にそしてスピーディーに幸せを実現していきます。

大松グループ理念

企業理念

関わる人すべての幸せのために、自らを磨き続け共感・共鳴できる仲間を作り続けます。

人間性、社会性、経済性の追求をし、社業を通して得た報酬を、社会へ還元し続けます。

経営理念

  • パチンコ産業を通して『人材育成』『地域活性化』『社会貢献』を目的と致します。
  • お客様にいつも楽しく安心して遊んで頂くことが『私たちの使命』と考え、常にお客様本位のサービスを心がけるとともに、人気機種導入や店内設備の充実など更なるサービス向上に努めることにより、いつまでも地域の皆様に愛されるホール作りを目指します。

新規事業計画

顧客価値創造企業への進化

  • 事業ビジョン
    売上高100億円超えの高収益企業の実現と次世代の柱となる事業の設立
  • 基本方針
    • 新規事業の戦力化と新たな分野への挑戦
    • グループ経営の全体最適化
    • 重点分野への積極的な経営資源の投入
    • 海外市場への積極展開(マレーシア・カンボジア予定)
    • 経営品質のレベルアップ

沿革

  • 1989年(平成元年)山形県南陽市に「PACHINKO大松」オープン
  • 1991年(平成3年)福島県郡山市に「パーラーウィング」オープン
  • 1993年(平成5年)山形県米沢市に「PACHINKO大松米沢店」オープン
  • 1995年(平成7年)「PACHINKO大松」をリニューアル、
    「パーラー大松南陽店」オープン
  • 2002年(平成14年)東京都世田谷区に「Mr.D」オープン
  • 2005年(平成17年)「パーラーウィング」をリニューアル、
    「スロットゴリラ」オープン
  • 2006年(平成18年)「PACHINKO大松米沢店」をリニューアル、
    「スロットゴリラ米沢店」オープン
  • 2006年(平成18年)東京都西東京市に「D’s club」オープン
  • 2008年(平成20年)「パーラー大松南陽店」をリニューアル、
    「パチンコ&スロットゴリラ南陽店」オープン
  • 2010年(平成22年)株式会社G・Aコンサルタント設立
  • 2011年(平成23年)ワイエスサービス株式会社設立
  • 2015年(平成27年)株式会社N’s-UP設立
  • 2017年(平成29年)事業形態変更の為「スロットゴリラ米沢店」クローズ